新型ポルシェ 911 のカレラSグレードに設定されるパワーキット

ポルシェのドイツ本社は21日、新型『911』の「カレラS」グレードに、パワーキットを設定すると発表した。

カレラSは、3.8リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンを搭載。ノーマル状態で、最大出力400psを発生する。パワーキットでは、ピストンやカムシャフト、可変吸気システム、エグゾーストシステムなどを専用設計。これらの変更により、最大出力は30psプラスの430psを獲得する。

7速PDKのスポーツプラスモードの場合、0‐100km/h加速は4.1秒から4.0秒へ短縮。最高速はPDKが306km/h、7速MTが308km/h。それぞれ、ノーマルの302km/h、304km/hから高められた。

ポルシェはパワーキットと同時に、エアロダイナミクス性能を引き上げる新パッケージオプションも設定。フロントバンパーやリアスポイラーなどに、専用デザインが与えられる。

新型ポルシェ 911 のカレラSグレードに設定されるパワーキット 新型ポルシェ 911 のカレラSグレードに設定されるパワーキット 新型ポルシェ 911 のカレラSグレードに設定されるパワーキット