20日午前0時5分ごろ、山口県美祢市内の中国自動車道上り線を走行中の乗用車が路外に逸脱。道路左側の斜面に乗り上げた弾みで横転大破した。助手席に同乗していた2歳の女児が車外に投げ出されて死亡。運転していた男性ら3人が軽傷を負っている。

山口県警・高速隊によると、現場は美祢市秋芳町付近で片側2車線の緩やかなカーブ。乗用車は第2車線から第1車線へと車線変更していたとみられるが、そのまま道路左側の路外に逸脱。斜面(のり面)に乗り上げた弾みで横転した。

クルマは大破。助手席に同乗していた2歳の女児が車外に投げ出されて全身を強打。近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡。運転していた岡山県倉敷市内に在住する26歳の男性と、後部座席に同乗していた28歳の女性、生後5か月の男児はいずれも打撲などの軽傷とみられている。

事故当時は雨で路面が滑りやすくなっていた。女児はジュニアシートに着座していたとみられるが、シートは衝撃で外れていたという。警察では運転者の回復を待って事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。