ジャガー Fタイプ の開発テスト車

ジャガーカーズは21日、英国で28日に開幕する「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2012」において、新型スポーツカーの『Fタイプ』(F-TYPE)のプロトタイプを初公開すると発表した。

同フェスティバルは1993年、マーチ卿がイングランドのウエストサセックス州グッドウッドの広大な邸宅で始めたイベント。世界中から新旧のレーシングカーが集結して賑わいを見せる。

Fタイプは2011年9月、フランクフルトモーターショー11で初公開されたコンセプトスポーツカー、『C-X16』の量産バージョン。クーペのC-X16とは異なり、Fタイプにはオープンボディが与えられ、オールアルミ構造が採用される。ジャガーカーズの歴史に燦然と輝くスポーツカーの名車といえば、『Eタイプ』がある。Fタイプは、これに倣ったネーミングだ。

Fタイプに関しては、2012年4月のニューヨークモーターショー12で、その開発計画が明らかにされていた。実車のプロトタイプが披露されるのは、今年のグッドウッドが初。ジャガーカーズは現時点で詳細を公表していないが、2013年半ばに販売がスタートする予定だ。

ジャガーカーズのグローバルブランドディレクター、アドリアン・ホールマーク氏は、「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでは、恒例のヒルクライムが人気。それが、グッドウッドでFタイプのプロトタイプを披露することに決めた理由だ」とコメントしている。

ジャガー Fタイプ の開発テスト車 ジャガー Fタイプ の開発テスト車 ジャガー Fタイプ の開発テスト車