LIXIL 太陽光発電システム「ソーラーベース ロータイプ」

LIXILは、第1種・第2種低層住居専用地域のRCフラット屋根専用ソーラーパネル架台を採用した太陽光発電システム「ソーラーベース ロータイプ」を7月1日から発売する。

新商品は低段仕様で、これまで高さ制限により取り付けが難しかった第1種および第2種低層住居専用地域などに対応可能なほか、陸屋根のパラペット内に納まる仕様で、建物のデザインを生かしたい住宅にも最適な仕様となっている。

また、風のあおりに強い低重心なので、強風の恐れのあるビル屋上にも取り付け可能。さらに、ビルの屋上などに設置された室外機や貯水槽などの障害物も、パネルを小割でレイアウトできるため、スペースを無駄なく利用することができる。

施工面では、上からと横からの固定のみで、下からの施工がないため組立てが簡単。防水メーカーのユニット基礎に対応しており、施工性の向上が図られている。

素材には、耐食・耐久性に優れたアルミ材を使用。錆びにくく、メンテナンス費用の軽減に貢献。また、軽量アルミ製なので、人の手で荷運びができ、運搬・施工効率も高められている。

ソーラーパネル12枚、接続箱、パワーコンディショナ、架台のセットで、価格は183万5925円。

LIXIL 太陽光発電システム「ソーラーベース ロータイプ」