右手で持てばすべてのボタン、スティックに指が届く。すべての操作を片手でできるのは歩きながら使うときなどに非常にありがたい。《撮影 山田正昭》

eTrexはGARMINのハンディGPSの中核をなすモデルで、今回の4年ぶりとなるモデルチェンジで一気に存在感を取り戻した。

新しいeTrexは10J、20J、30Jの3モデル。従来の「ビスタ」「レジェンド」などといった名称から整理された。最も低価格なeTrex10Jはディスプレイがモノクロ、eTrex20Jはカラーディスプレイ、eTrex30Jはカラーディスプレイに加えて3軸コンパスや気圧高度計を装備するといった違いがある。ただし、GPSの測位精度やロギングできる時間など、ハンディGPSの基本性能といえる部分は3モデルとも全く同一だ。

本体サイズは高さ103mm・幅54mm・厚み33mmで、重さは電池込みで148g。大きさのイメージとしては、折りたたみタイプの携帯電話と同程度。

ディスプレイは176×220ピクセル。画面サイズは35mm×44mmで、一般的なインチ表記に換算すると2.3インチほど。もちろん、IPX7相当の日常生活防水となっている。

バッテリーは単三電池を2本使用し、25時間の連続使用が可能。設定の変更によって、エネループのような充電池やロングライフな単三形リチウム電池にも対応する。

さて、新しいeTrexシリーズの最大の特徴が測位システム。GPSに加えて日本が独自に運用する準天頂衛星「みちびき」、ロシアの衛星測位システム「GLONASS」に対応する。

GARMIN eTrex30J《撮影 山田正昭》 丸みを帯びたデザインで、外周部はラバーで覆われている。衝撃にも強そうだ。《撮影 山田正昭》 右側面には電源/lightボタンとbackボタンがある。裏面に貼り付いているように見えるのは車載用のブラケットなどに固定するための出っ張り。《撮影 山田正昭》 右側にはmenuボタンと地図の拡大、縮小ボタンがある。ボタンはすべてこのようにラバーで覆われていて、押すのには少し力が必要だ。《撮影 山田正昭》 電池を外すとMicroCDカードストッロがある。《撮影 山田正昭》 右手で持てばすべてのボタン、スティックに指が届く。すべての操作を片手でできるのは歩きながら使うときなどに非常にありがたい。《撮影 山田正昭》 衛星の受信状況はこのように表示される。みちびきは受信できていないがGLONASを多数補足し、誤差は2メートルになった。《撮影 山田正昭》 電波状況の悪い室内に移動すると誤差は9メートルに。ここでGLONASを使用しない設定にしてみる。《撮影 山田正昭》 GPSのみの即位では誤差が20メートルに増えた。GLONASの効果は明らかだ。《撮影 山田正昭》 本体を斜めにしても使える3軸コンパス。《撮影 山田正昭》 気圧高度計による高度の計測。校正は必要だが、条件がよければ誤差5メートルくらいで高度を測定する。《撮影 山田正昭》 裏蓋を上げるとバッテリーケースがある。《撮影 山田正昭》 お店のジャンル別検索などもできる。もちろん電話番号や住所による検索も可能だ。《撮影 山田正昭》 ルート検索の設定。有料道路やUターンを回避するといった設定も可能だ。《撮影 山田正昭》 自動車モードでのナビ画面。絶対的な描画領域が狭く、自分がどこにいるのかさっぱりわからない。スケールを変更しても見やすくなることはなかった。《撮影 山田正昭》 地図の表示モードをノースアップに変更。これなら十分に実用になる。《撮影 山田正昭》 軌跡データをGoogleアースで表示。画面の上から駐車場に侵入し、ループ状のスロープを登って立体駐車場へ。屋上より1階下のフロアに駐車した。立体駐車場に入るまではほぼ完璧な精度。駐車場内のデータはさすがに誤差が大きいが、測位できているだけで凄い。《撮影 山田正昭》 トリップコンピュータは表示項目を細かく設定できる。この例では、右上にワイヤレス通信機能で接続したハートレートセンサーによる心拍数を表示している。《撮影 山田正昭》 フォトビューワ機能を使えば、写真を撮影した場所にナビをさせることができる。《撮影 山田正昭》 日本語入力はテンキー入力となった。漢字変換もかなり賢い。《撮影 山田正昭》 目立たないことだが、本機はパソコンに接続するとマスストレージとして認識される。面倒なドライバのインストールが不要で扱いやすい。《撮影 山田正昭》