VWパサートCC(ロサンゼルスモーターショー11)《撮影 太宰吉崇》

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は21日、『パサート』4ドアクーペモデルの後継となる『フォルクスワーゲン CC』を今夏、日本で発表することを明らかにした。

VGJ広報部の丸田靖生部長は「『パサート CC』の名前で呼んでいたクーペスタイルがもうすぐモデルチェンジして、『フォルクスワーゲン CC』という名前になる。来月末くらいに正式に発表したい」と述べた。具体的な発売時期や仕様は明らかにしなかった。

VGJは同日、パサートの4輪駆動のワゴンモデルとなる『パサート オールトラック』を発売したが、丸田氏は「CCも含めてパサート系の車の強化をやっていく」と強調した。パサート CCはVW初の4ドアクーペモデルとして、2008年11月に日本で発売されたが、昨年販売を終了している。

さらに丸田氏は「一方で秋には『up!』を導入し、広いレンジで色んな車種をフルラインメーカーとして日本で展開していきたい」と述べた。

VWパサートCC(ロサンゼルスモーターショー11)《撮影 太宰吉崇》 VWパサートCC(ロサンゼルスモーターショー11)《撮影 太宰吉崇》 VWパサートCC(ロサンゼルスモーターショー11)《撮影 太宰吉崇》 VWパサートCC(ロサンゼルスモーターショー11)《撮影 太宰吉崇》 VWパサートCC(ロサンゼルスモーターショー11)《撮影 太宰吉崇》 VWパサートCC(ロサンゼルスモーターショー11)《撮影 太宰吉崇》 VWパサートCC(ロサンゼルスモーターショー11)《撮影 太宰吉崇》 VWパサートCC(ロサンゼルスモーターショー11)《撮影 太宰吉崇》 VWパサートCC(ロサンゼルスモーターショー11)《撮影 太宰吉崇》 VWパサートCC(ロサンゼルスモーターショー11)《撮影 太宰吉崇》 VWパサートCC(ロサンゼルスモーターショー11)《撮影 太宰吉崇》