ポリプラスチックス PPS樹脂の使用例、ウォーターポンプインペラー

ポリプラスチックスは21日、PPS樹脂の販売を全世界で開始すると発表した。

販売活動は、新たな商標「ジュラファイド」で展開し、従来の商標「フォートロン」は、一定期間の後、「ジュラファイド」に統一する。

PPS樹脂は、耐熱性・寸法安定性・機械特性に優れていることから、主に自動車および電気電子用途に使用され、また、住設などの諸工業や繊維・フィルム用途など適用される範囲が広く、全世界で需要量が増加している。

同社では、POM樹脂「ジュラコン」、PBT樹脂「ジュラネックス」とともに、PPS樹脂「ジュラファイド」を全世界で販売することにより、日系企業のグローバル展開に迅速に対応。また、欧米系企業との関係を強化して新規ニーズを開拓することで、エンジニアリングプラスチックのリーディングカンパニーとしての地位確立を図る。