シトロエン DS5《撮影 内田俊一》

プジョー・シトロエンジャポンから発表されたシトロエン『DS5』は、2005年のフランクフルトショーでデビューした『C-スポーツラウンジ』の市販化モデルだ。

オートモビルシトロエンエクステリアデザインマネージャーのフレデリック・スビル氏は、C-スポーツラウンジのデザインについて、「そのベースとなったのは、ひとつの岩です。大きな岩から流れるようなシェイプを持ったC-スポーツラウンジは誕生しました」と語る。

さらに、同社プロダクト戦略マネージャーのブルーノ・モイタは、「そのデザインは単なるスタイルの冒険ではありません。将来、シトロエンのラインナップに加えられるような現実性をコンセプトカーに求めました」という。

その結果、スビル氏は、「それを見事に結実させました。サルーンよりも少し背の高いコンパクトなモデル、『DS5』となったのですから」といい、「我々はひとつの岩を削ることから始め、川の流れが小石の角を取るようにクルマの形状は次第に磨きこまれ、丸みを帯びて柔らかくなっていったのです」と述べた。

プロダクト戦略マネージャーのブルーノ・モイタ氏は、「“サーベル”と呼ばれるフロントのクローム(ヘッドライト先端から走るクロームのライン)はDS5の斬新な特徴といえるでしょう。このサーベルによってDS5は様々な表情を見せます」と話す。また、このサーベルによって、ボディを長く見せる効果もあるとした。

シトロエン DS5《撮影 内田俊一》 シトロエン DS5《撮影 内田俊一》 シトロエン DS5《撮影 内田俊一》 シトロエン DS5《撮影 内田千鶴子》 シトロエン DS5オートモビル・シトロエン