東芝と福島県南相馬市は20日、総発電能力10万kW規模の大規模太陽光発電所群建設およびスマートコミュニティ導入に関する協定書を締結したことを発表した。

東芝と南相馬市は、同市が再生可能エネルギーを重点的に導入するエリアとして指定する沿岸部全域を対象に、太陽光発電所群を建設することについて共同で検討。発電出力は10万kW規模で、年間発電電力量は一般家庭約3万世帯分にあたる1億0500万kWhとなる予定。

太陽光発電所の建設・運営に関しては、今後設立する特別目的会社で行う予定で、特別目的会社への出資者を広く国内外に募っていく。

また、太陽光発電所を核に、バイオマス発電や小規模水力発電などの再生可能エネルギー活用や、蓄電池や地域のエネルギー管理を行うEMS(エネルギーマネジメントシステム)などの導入を通して、エネルギー循環型都市を目指したスマートコミュニティ構築に関する計画の策定検討も行なう。