シトロエン DS5《撮影 内田千鶴子》

プジョー・シトロエンジャポンは8月1日より“DSライン”のフラッグシップとなる『DS5』を発売を開始すると発表した。

現在シトロエンは通常モデルの“Cライン”と、プレミアムモデルの“DSライン”がある。そもそも“DSライン”はどのようにして生まれたのか。「シトロエンがプレミアムマーケットを狙っていくべきだという戦略は以前からありました」と語るのはオートモビルシトロエンプロダクト&マーケットマネージャーのヴァンサン・ベッソン氏。

そして、同社CEOのフレデリック・バンセ氏は、「シトロエンの既存のラインナップとコンポーネントを共有しながらも、いかにプレミアムの領域に踏み込み、全く異なるテイストのラインナップを広げていけるかというコンセプトからスタートしたのです」と話す。

その結果、スタイリングディレクターのジャン・ピエール・プルエ氏は「“DSライン”はテクノロジーとデザイン、そしてクオリティの高い素材を駆使した、“フランス流のラグジュアリー”を実現するシトロエンの意欲作」だとした。

ではなぜ“DS”なのか。ベッソン氏は、「3モデル(DS3・DS4・DS5)の開発が終わった最終段階で、それぞれ別の名前を与えるか、共通の名称を設定するかで悩んだ結果、共通の名前を与えて新たなラインナップをつくるという決断をしました」という。

そしてプルエ氏は「“DS”という2文字は1955年に発表されたオリジナルの『DS』を連想させ、最上級モデルとしての響きを持っています。この名称は意欲的で、トップモデルとしての存在感を備え、魔法のような魅力を持ったこの製品にとって完璧な名前だったのです」と述べた。

ベッソン氏は、「“DS(ライン)”は衝撃をもたらし、他の何にも似ていない製品として市場に登場します。これらのクルマは注目を集めるでしょう」といい、「シトロエンが形態やスタイルの面において、他のメーカーのまねをすることはあり得ません。これらはシトロエン・ブランドならではのユニークなクルマなのです」とした。

最後にバンセCEOは、「“DSライン”がシトロエンの現在のポジションを引き上げてくれると確信しています。DS5の後にも別のDSが控えており、このクルマはシリーズで3番目のクルマですが、最後ではないのです」と語った。

シトロエン DS5《撮影 内田俊一》 シトロエン DS5《撮影 内田千鶴子》 シトロエン DS5《撮影 内田千鶴子》 シトロエン・DSライン《撮影 内田千鶴子》 シトロエン・DS《撮影 内田俊一》