佐川急便は20日、宅配便サービスを活用したエリアビジネスの一環として、業界初となる24時間電話集荷を開始すると発表した。

24時間電話集荷は、試験的に東京都中央区と千代田区の2区で6月21日よりスタートする。現在、2区における電話での集荷受付は午後7時まで行っているが、各企業や個人事業主からは、深夜帯における集荷のニーズが高まっており、同社では、新たな市場開拓につながるとみている。

今回、24時間電話集荷を開始することで、午前3時までに集荷連絡を受けた場合、飛脚航空便で全国主要都市には、当日内での配達が可能となる。