スペイン、バレンシア市街地コース

今週のヨーロッパGP(バレンシア)は、昨年よりもオーバーテイクが減少するかもしれない。何故なら、FIAはカナダGPのDRSゾーンを1か所に減らした例にならい、バレンシアも今年は1ヶ所とすることを発表したからだ。

昨年のヨーロッパGP(バレンシア)は、T10からT12とT14からT17の2か所にDRSゾーンが設定されていたが、それでもオーバーテイクは容易ではなかった。となると、今年のヨーロッパGPは、予選、タイヤ管理、ピットワークなどが戦略上で重要になるのは間違いないだろう。

【F1 ヨーロッパGP】バレンシアのDRSゾーンは1か所に