シトロエンDS5発表会≪撮影 小松哲也≫

プジョー・シトロエン・ジャポンの上野国久社長は19日、シトロエンブランドの日本での中期的な目標として「60店舗のネットワークで5000台の販売を展開していく」考えを明らかにした。

このうち販売店舗については「シトロエンネットワークは現在は43店舗、本年年末までには50店舗までに展開、来年末までには60店舗の開設を終了する見通し」と述べた。さらに「既存店は新CIに基づいた改装を順次進めており、この年末までにはすべての店舗の新CIの設置を完了する」という。

一方、販売台数に関しては「2011年は新型『C4』、『DS4』の導入で販売実績が3092台と実に1996年以来、15年ぶりに年間3000台を超えた。本年は5月末の実績で対前年同月比プラス42.3%の1595台、6月末で1900台の見通し」とし、2012年としては4000台の販売を計画している。

上野社長はシトロエン年間販売5000台の具体的な達成時期は示さなかったが、「60店舗の開設を終了した以降に、4000台から5000台を安定的に販売する体制を整える」と述べた。

シトロエンDS5発表会≪撮影 小松哲也≫ シトロエンDS5発表会≪撮影 小松哲也≫ シトロエンDS5発表会≪撮影 小松哲也≫ シトロエンDS3≪撮影 小松哲也≫ シトロエンDS4≪撮影 小松哲也≫