節電・省エネ・エコに関する意識・実態

セルコホームは、「エコ住宅と省エネに関する調査」を行い、その結果を公表した。

調査は、5月24日から5月28日の5日間、20〜59歳の男女を対象に、モバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)で実施。節電・省エネ・エコに関する意識・実態についての各項目にどの程度あてはまるか質問を行い、2000人の有効サンプルを得た。

「自分は日頃から節電意識が高い」という質問では、65.1%があてはまると回答。3分の2の人が普段から高い節電意識を持っていることがわかった。また、「節電のためにクールビズを実践している」は61.0%、「マイカーはエコカーである」が29.8%となった。

「エコ目的で購入したい家電」では、トップが「エアコン」の17.1%。以下、2位は15.5%の「冷蔵庫」、3位は4.4%の「有機EL/LED照明・電球」となったほか、7位には1.6%で「EV(電気自動車)」が入った。

省エネ・エコ目的で購入したい家電