フォードモーターのシリコンバレーラボ

米自動車大手、フォードモーターは18日、米国カリフォルニア州のシリコンバレーに、研究開発施設を開業したと発表した。

シリコンバレーは米国カリフォルニア州北部に位置し、アップルやグーグルなどIT関連企業や、テスラモーターズなどのEVベンチャーが本社を置く場所として知られる。そのシリコンバレーの主要都市、パロアルト市に、フォードモーターは「シリコンバレーラボ」と呼ばれる研究開発施設をオープンさせた。

フォードモーターは、米国ミシガン州、ドイツ、中国、イスラエルに研究開発拠点を置く。同社にとっては、シリコンバレーラボが米国西海岸における初の研究開発施設となる。

シリコンバレーラボの役割は、大きく3つのキーワードで表現される。「ビッグデータ」、「オープンソースイノベーション」、「ユーザーエクスペリエンス」だ。これらのキーワードを基本に、フォードモーターは未来の車のテクノロジーの研究開発を促進していく。

フォードモーターのポール・マスカレナス研究開発担当副社長は、「シリコンバレーという最高の立地が、我々に新たなアイデアを与えてくれるだろう」とコメントしている。