自動緊急ブレーキのイメージ

欧州で唯一、公的な衝突安全テストを実施しているユーロNCAPコンソーシアム。同団体が2014年から、安全性評価の基準として、新たな装備を加えることが分かった。

これは13日、ユーロNCAPコンソーシアムが明らかにしたもの。2014年の安全テストからは、自動緊急ブレーキの装備の有無が、新たな安全性評価の基準に加わることが告げられたのだ。

自動緊急ブレーキは、衝突を避けられないと判断した場合、ドライバーに代わって車両が自動的にブレーキをかけるシステム。すでに一部の新車に標準化、またはオプション採用する動きが広がっている。

ユーロNCAPコンソーシアムによると、自動緊急ブレーキによって最大で27%、事故の発生を減らすことができるという。しかし、欧州で販売されている新車の79%に自動緊急ブレーキが用意されておらず、自動車メーカーで見ると、全体の66%が自動緊急ブレーキを設定していないのが現実。

今回の発表は、ユーロNCAPのテストにおいて、最高評価の5つ星を得るためには、2014年からは自動緊急ブレーキの装備が求められることを示唆したものと受け取れる。

ボルボ「ヒューマンセーフティ」…歩行者を検知し35km/h以下の場合、自動ブレーキにより可能な限り衝突の回避をおこなう 歩行者衝突の回避・軽減を実現するボルボの自動ブレーキシステム「ヒューマン・セーフティ」 【ユーロNCAP】自動緊急ブレーキを安全性評価の基準に…2014年からoriginal