ランボルギーニ・シ?ャハ?ン カントリーマネーシ?ャー/エシ?ナルト?・ヘ?ルトーリ《撮影 太宰吉崇》

ランボルギーニ『アヴェンタドール』の国内試乗会が開催された。同試乗会に参加したランボルギーニ・ジャパンのエジナルド・ベルトーリ社長は「日本においても、既に100台の受注を獲得した」と話し、同車の好調ぶりを強調した。

アヴェンタドールについて、ベルトーリ社長は「全く新しい車となっていて、カーボンファイバーで作られたブランド初の車となります。エンジンは6.5リットルの12気筒700馬力、トランスミッションはインディペンデント・シフティングロッドを使っていて、ダブルクラッチ方式のものより軽く仕上げています」と紹介。

加えて、「ランボルギーニブランドのDNAとして“妥協のない究極のイタリア製”という、そういった戦略的にも成功しているモデル。デザインとテクノロジーにおいて、かなり前進したもの提供していると思います」と語った。

日本での購入者について、ベルトーリ社長は「様々なユーザーがいて、コレクターの方もいるし、また、年齢的には30代から上は制限もない。全ての人に共通しているのは車好きということで、エンジンや我々のブランドを好んで選んで頂いております」と話した。

ランボルギーニ・シ?ャハ?ン カントリーマネーシ?ャー/エシ?ナルト?・ヘ?ルトーリ《撮影 太宰吉崇》 ランボルギーニ・アヴェンタドールLP 700-4《撮影 太宰吉崇》 ランボルギーニ・アヴェンタドールLP 700-4《撮影 太宰吉崇》 ランボルギーニ・アヴェンタドールLP 700-4《撮影 太宰吉崇》 ランボルギーニ・アヴェンタドールLP 700-4《撮影 太宰吉崇》 ランボルギーニ・アヴェンタドールLP 700-4《撮影 太宰吉崇》 ランボルギーニ・アヴェンタドールLP 700-4《撮影 太宰吉崇》 ランボルギーニ・アヴェンタドールLP 700-4《撮影 太宰吉崇》 ランボルギーニ・アヴェンタドールLP 700-4《撮影 太宰吉崇》 ランボルギーニ・アヴェンタドールLP 700-4《撮影 太宰吉崇》 ランボルギーニ アヴェンタドールLP 700-4