トヨタ車体は18日、立松財団の2012年度(第20回)研究助成対象を決定したと発表した。応募総数115件の中から助成対象として37件を選定。今回の助成総額は2400万円で、助成額の累計は4億3521万円となった。

同財団が助成するのは愛知県内の大学、工業高等専門学校、短期大学および研究機関が行う基礎工学分野の研究。

今年度は、機械、装置などで高額の費用を要する高度な研究を行う特別研究助成として「生体環境物性を再現するペプチド修飾小口径人工血管の開発」など3件、一般研究助成では「超平坦・超高密度ビットパターン媒体の開発」など14件、海外調査研究助成に20件、助成する。

立松財団は、元トヨタ車体社長の故・立松巖氏が私財(累計20億円)を拠出、基礎工学に関する研究開発に対し助成を行うことで、科学技術の振興を図りたいとして1993年9月に設立した。トヨタ車体は同財団から運営を委託され、事務局を社内に設置している。