オーテック・NV350キャラバン「ライダー」

日産自動車から発表、発売された『NV350キャラバン』の特装車、“ライダー”には2つのターゲットユーザーが想定されている。

まずは、「『エルグランド』でも『セレナ』でもなく、ワンボックスならではのユーティリティ性を大事にし、かつ自分のライフスタイルをクルマにも投影したい。そういう思い入れが強く、プライベートも充実させたいと考えるパーソナルユーザー」と語るのはオーテックジャパンSV商品企画部エキスパートの永澤清和氏。

もうひとつは、「キャラバンのメインフィールドである、ワークユース、ビジネスユースユーザーの中で、こだわりを持ってお仕事をされている自営業や中小工務店のユーザー」だという。

永澤氏は、「仕事でも遊びでも趣味でも家族との時間でも、非常にこだわっているユーザーのために、オーテックでもこだわって創りました」とする。

外装の大きな特徴は、フロント周りにある。「ひと目でライダーとわかる迫力と存在感を表現する専用フロントグリル。そして、スポーティーさと存在感を際立たせる専用のフロントプロテクターとバンパーモールが装着されます」。さらに、「新装備として、専用のLEDデイタイムライニングライトをヘッドランプの横のグリルにビルドインさせることで、先進性をデザインの要素に織り込みました」。

内装では、インテリアパッケージがオプションで用意された。キャラバンシリーズで唯一となる専用の本革巻のステアリングホイールが用意されるほか、「見た目と、見た目の上質感と機能性を両立させるための専用の防水シートが装着されます」と話す。

この防水シートは、『エクストレイル』の防水シートと同じ生地が使われている。永澤氏は、「仕事でも遊びでも趣味でも家族との時間でも、一生懸命クルマを使うと当然汚れます。そんな汚れを気にせずにガンガン使い倒してほしいと、そういう意味を込めてこの内装を仕上げました」と語った。

東京オートサロンで出展された「ライダー」。市販モデルには左側Aピラーの付け根に死角用ミラーが装着される《撮影 椿山和雄》 東京オートサロンで出展された「ライダー」。市販モデルには左側Aピラーの付け根に死角用ミラーが装着される《撮影 椿山和雄》 東京オートサロンで出展された「ライダー」。市販モデルには左側Aピラーの付け根に死角用ミラーが装着される《撮影 椿山和雄》 東京オートサロンで出展された「ライダー」。市販モデルには左側Aピラーの付け根に死角用ミラーが装着される