トヨタチームから謝罪を受けたことを明かしたNISMOチームの公式Twitter

トヨタ自動車と日産自動車のマシンが接触し、日産がリタイアするという結果になった2012年のルマン24時間耐久レース。トヨタチームが日産(NISMOチーム)に対して、謝罪していたことが分かった。

レースでは、中嶋一貴選手が乗るトヨタ『TS030ハイブリッド』が、本山哲選手の乗る日産『デルタウィング』に接触。その結果、日産デルタウィングはコースから押し出され、リタイアを喫している。

17日、NISMOチームは公式Twitterにおいて、トヨタチームから謝罪を受けたことを明らかに。「トヨタとニッサンでルマンリベンジしなくちゃね!!」と、前向きなコメントを残している。

トヨタチームから謝罪を受けたことを明かしたNISMOチームの公式Twitter リタイアが決まり、ガレージのシャッターが下ろされるトヨタのピット 悔しさをにじませるトヨタチームの首脳陣 リタイヤしたトヨタ7号車