アウディ・A1スポーツバック

アウディジャパンは、自動車リサイクル法に基づくASR(シュレッダーダスト)・エアバッグ類・フロン類の特定3品目の2011年度再資源化実績を公表した。

グループブランドであるランボルギーニ車を含む自動車のASRの再資源化率は93.7%となり、前年度の85.4%から8.3ポイントアップした。昨年に引き続き、2015年の基準値である70%を大幅に超える結果となった。

エアバッグ類は3658台から2万3795個を引き取り、回収・処理または車上作動により再資源化した。回収によるエアバッグ類再資源化率は93.3%で、法定基準の85%以上という数値目標を達成した。さらに、フロン類は4003台を引き取り、適正に処理したとしている。

2011年度の収支状況は、資金管理法人から払渡しを受けた再資源化等預託金の総額が7403万2000円で、再資源化に要した費用の総額が7133万4000円となり、全体収支は269万8000円の黒字だった。

ただ、自動車リサイクル法が施行された2004年度以降の累計収支は2019万2000円の赤字となっている。

アウディA1スポーツバック《撮影 太宰吉崇》