【ルマン24時間 2012】トヨタとアウディ、互角の戦いに波乱…序盤戦

メインストレート付近に小雨が降り出した午後3時(現地時間)、第80回ル・マン24時間のスタートが切られた。

序盤はロッテラ―のアウディ『R18 e-tronクワトロ』1号車が順調にリードを築き、マクニッシュの同2号車が続いた。しかし、夕方になるとトヨタの追撃が始まり、アウディに接近する。そして、スタート後4時間半を過ぎた頃、波乱の前兆が訪れた。

アウディの3号車・R18ウルトラがシケインでコース・アウト! GTクラスのポルシェをアウトから抜こうとしたところ、曲がり切れずにアウト側のタイヤウォールに突き刺さった。マルク・ジェネは割れたフロントカウルを自ら剥がし、今にももげそうな右フロント・タイヤを引きづりながらゆっくりとピットを目指した。

それを合図にしたかのようにトヨタのアタックが始まった。5時間を経過した時、ラピエールのトヨタ『TS030』がついにファスラーのアウディ R18 e-tronクワトロを追い落としたのだった。

だがその直後、今度はそのトヨタが大きな不運に見舞われる。

デビッドソンの乗るトヨタTS030・8号車はミラー確認を怠ったフェラーリのGTマシンに横からぶつけられ宙を舞った。フェラーリも裏返しになるスペクタクルなアクシデントながら両ドライバーに大きな怪我がなかったことは救いだ。

この事故によるガードレールの修復作業が手間取り、長いセイフティカー・ラップが続いた。その間にアウディの3号車は修復を終え、コースへと生還。これで流れは完全にアウディへと戻って行った。

リスタートで焦ったか? こんどは中嶋一貴が駆るTS030は強引なレーン・チェンジで本山哲のデルタウイング・ニッサンをコース外へ弾き飛ばしてしまう。これでデルタウィングのレースは終わってしまった。

中嶋もまたリヤ部を痛め、ピットストップを余儀なくされた。さらに中嶋車はメカニカル・トラブルも発生し、ほぼ勝負権を失う。

アウディは周囲が暗闇に包まれる前に鉄壁のフォーメーションを固めつつあった。

【ルマン24時間 2012】トヨタとアウディ、互角の戦いに波乱…序盤戦 【ルマン24時間 2012】トヨタとアウディ、互角の戦いに波乱…序盤戦 【ルマン24時間 2012】トヨタとアウディ、互角の戦いに波乱…序盤戦 【ルマン24時間 2012】トヨタとアウディ、互角の戦いに波乱…序盤戦 【ルマン24時間 2012】トヨタとアウディ、互角の戦いに波乱…序盤戦 【ルマン24時間 2012】トヨタとアウディ、互角の戦いに波乱…序盤戦 【ルマン24時間 2012】トヨタとアウディ、互角の戦いに波乱…序盤戦 【ルマン24時間 2012】トヨタとアウディ、互角の戦いに波乱…序盤戦 【ルマン24時間 2012】トヨタとアウディ、互角の戦いに波乱…序盤戦 【ルマン24時間 2012】トヨタとアウディ、互角の戦いに波乱…序盤戦 【ルマン24時間 2012】トヨタとアウディ、互角の戦いに波乱…序盤戦 【ルマン24時間 2012】トヨタとアウディ、互角の戦いに波乱…序盤戦 【ルマン24時間 2012】トヨタとアウディ、互角の戦いに波乱…序盤戦