14日におこなわれた予選の模様

80回目を数える伝統のルマン24時間耐久レース(フランス・サルテサーキット)の決勝が日本時間の22:00(現地時間15:00)にスタートする。

ポールポジションを獲得したのは、アウディのディーゼルハイブリッド『R18 e-tron クワトロ』(ゼッケン1)が3分23秒787。続く2位はAudi『R18 ウルトラ』(ゼッケン3)でタイムは3分24秒078。3番手には、トヨタ・レーシングの『TS030 HYBRID』(ゼッケン8)で、トップとおよそ1秒差の3分24秒842。

ウルリッヒ代表は決勝レースを前にした15日、当地で会見を行った。
「我々は81年のラリーに始まり、これまで継続してクワトロ(4輪駆動)の開発をしてきました。e-tronクワトロのこのポテンシャルを予測しなければ、ここ(ル・マン)へは持ってきませんでした」と、確かな自信を示す。

アウディ・モータースポーツ統括のディーター・ガス氏に対しては、トヨタとは異なるハイブリッド・システムに関する質問が飛んだ。

「e-tronはもちろん量産を想定している技術です。フライホイール・システムを選んだのは、蓄電を早くおこない、すぐに出すという面で優れているからです。重量もキャパシタ(蓄電機)システムと比べてメリットでした。でも、エネルギー効率はこれからどんどん上がるでしょうから、今後も研究は必要です」と、他システムにも含みを残した物言いだった。

それでも「フライホイール・システムの量産車化も可能ではある」と言い切った。

一方、ライバルについてウルリッヒ代表は「トヨタはまだ一年目なので比較は出来ない」と早くも来年へ向け気を引き締める。そして終始「スポーツから量産車へのテクノロジーのトランスファーを続ける」と、アウディの姿勢をアピールした。

アウディ・モータースポーツのヴォルフガング・ウルリッヒ代表 14日におこなわれた予選の模様 14日におこなわれた予選の模様 14日におこなわれた予選の模様 14日におこなわれた予選の模様 14日におこなわれた予選の模様 14日におこなわれた予選の模様 14日におこなわれた予選の模様 ルマン24時間 2012 予選 ルマン24時間 2012 予選 アウディ・モータースポーツ統括のディーター・ガス氏