14日午前4時10分ごろ、北海道美幌町内の国道39号を走行していた乗用車が対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側の畑に転落する事故が起きた。クルマは横転大破し、乗っていた2人が死亡している。

北海道警・美幌署によると、現場は美幌町瑞治付近で片側1車線の直線区間。乗用車は斜行するようにして対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側の畑ら転落したものとみられる。

クルマは横転大破。運転していた網走市内に在住する54歳の男性と、助手席に同乗していた大空町内に在住する59歳の男性は全身を強打し、まもなく死亡を確認した。

事故を起こしたクルマは助手席に同乗していた男性が所有するもので、この男性が代行業者に運転を依頼。運転席で死亡していたのは代行業者を経営する男性だった。

現場には約150mにも及ぶブレーキ痕が残されており、警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。