【Interop Tokyo 12】津田大介「ソーシャルメディアは人間力の高い人に教えて対応した方がうまくいく」

2012年6月14日の「Interop Tokyo 2012」において、ソーシャルメディアに詳しいジャーナリストの津田大介氏によるスペシャルセミナー「現実を変える、ビジネスを変えるソーシャルメディアの可能性」が実施された。

場内に設置されたセミナー用ステージには来場者がつめかけ、用意された席では足りず、通路に人があふれるほどの注目を集めた。

津田氏は日本のソーシャルメディアの現状を解説した後、「ソーシャルメディアで企業がどうふるまうべきか」という問題に対していくつかのアドバイスを挙げた。

それは「情報をオープンにすること。業務として専任の担当者を決める。個人のユーザーと対話の姿勢を出す。個人の顔が見える運営を心がける。複数人でやる場合は、ガイドラインを作る。コミュニティに対して話題を投げかける。企業の周辺情報のハブになるように心がける。ライバル企業と積極的に仲良くする」というものであった。

その上でソーシャルメディアの担当には「人間力の高い人を配置するべき。いわゆる宴会部長と呼ばれるような人が向いています。ITに詳しい人よりも、人間力の高い人にITを教えて対応した方がうまくいくでしょう」という。

また、「ソーシャルメディア革命とは、動員の革命である」と解説。ソーシャルメディアだけで世の中は変わらないが、そのきっかけとなる動員をソーシャルメディアが担うというのだ。

「ソーシャルメディア×クラウド×モバイルで最大化するものは“人の意思”」と説明。つまり受け身で「インターネットで社会が変わる」と考えるのではなく「インターネットで社会を変える」という意識を持つべきだという。「そうしたものを支えるのがIT技術である」とセミナーをまとめた。

【Interop Tokyo 12】津田大介「ソーシャルメディアは人間力の高い人に教えて対応した方がうまくいく」 【Interop Tokyo 12】津田大介「ソーシャルメディアは人間力の高い人に教えて対応した方がうまくいく」 【Interop Tokyo 12】津田大介「ソーシャルメディアは人間力の高い人に教えて対応した方がうまくいく」