日産・新型NV350キャラバン発表会≪撮影 小松哲也≫

日産自動車の志賀俊之COOは15日、11年ぶりにフルモデルチェンジした新型『NV350キャラバン』について「すべての点でライバル車に勝つということで相当気合いを入れて開発に取り組んできたので商品に全く自信がある」と強調した。

志賀COOは同日、横浜市の本社で開いた新型NV350キャラバン発表会後、一部報道陣に対し、「(先代の)キャラバンが少しシェアを落としてきたのは、やはり少し商品で負けていたのは事実」とした上で、「とくに室内の長さで負けていたというのが決定的で、今回それを勝つ長さにした。かつて我々は伍して戦っていた。商品で勝てれば我々としては伸ばすことができる」と強調した。

さらに「『NV200バネット』はセグメントシェア45%獲ってるし、『ADバン』も良いポジションを獲っている。ただこのキャラバンのセグメントがちょっと負けてた。ここで頑張れば日産の小型商用車のシェアであったり、プレゼンスが非常に大きくなる」と意欲をみせた。

日産・新型NV350キャラバン発表会≪撮影 小松哲也≫ 日産・新型NV350キャラバン発表会≪撮影 小松哲也≫ 日産・新型NV350キャラバン発表会≪撮影 小松哲也≫ 日産・新型NV350キャラバン発表会≪撮影 小松哲也≫ 日産・新型NV350キャラバン発表会≪撮影 小松哲也≫ 日産・新型NV350キャラバン発表会≪撮影 小松哲也≫ 日産・新型NV350キャラバン発表会≪撮影 小松哲也≫ 日産・新型NV350キャラバン発表会≪撮影 小松哲也≫ 日産・新型NV350キャラバン発表会≪撮影 小松哲也≫ 日産・新型NV350キャラバン発表会≪撮影 小松哲也≫ 日産自動車・志賀俊之COO≪撮影 小松哲也≫