ロンドンオリンピック開催に合わせて内外装をリニューアルしたMINIロケットマンコンセプト

BMWグループのMINIが2011年3月、ジュネーブモーターショー11で初公開した『ロケットマンコンセプト』。この最小のMINIが、装いも新たに登場した。

これは14日、MINIが公表したもの。7月27日に開幕するロンドンオリンピックに協賛するMINIが、これを記念して、リニューアルを施したロケットマンコンセプトを披露したのだ。

リニューアルは内外装に及んでおり、外観はボディカラーをグレー/シルバー系からダークブルーのメタリックに変更。英国国旗のユニオンジャックが描かれたグラスルーフは、周囲を赤で縁取る。アルミホイールは18インチの新デザインで、フロントグリルやホイールなどには、赤がアクセントに配される。

インテリアもボディカラーに合わせて、ダークブルーでコーディネート。加えて、赤と白を巧みに使うことで、イギリスのナショナルカラーを表現している。

ロケットマンコンセプトは、現行MINIのハッチバックよりも、ひと回りコンパクトなボディサイズが最大の特徴。ボディサイズは、全長3419×全幅1907×全高1398mm。全長はMINIハッチバックよりも320mmも短い。1959年に誕生したクラシック『Mini』の全長3050mmを意識したサイズといえる。

ロケットマンコンセプトのデザインは、ひと目でMINIと分かるもの。その上で、ダブルヒンジ式で大きく開くサイドドアや、カーゴキャリアを内蔵した上下2分割テールゲートなど、ユニークなアイデアが盛り込まれた。室内はトヨタ『iQ』のように、大人3名と子ども1名の合計4名乗車を可能にする「3+1シーター」レイアウトだ。

このロケットマンコンセプトに関しては、市販化計画の凍結も伝えられていた。それだけに、今回のリニューアル版の公開は、市販に向けたプロジェクトが存在することを示唆しているのかもしれない。

ロンドンオリンピック開催に合わせて内外装をリニューアルしたMINIロケットマンコンセプト ロンドンオリンピック開催に合わせて内外装をリニューアルしたMINIロケットマンコンセプト ロンドンオリンピック開催に合わせて内外装をリニューアルしたMINIロケットマンコンセプト ロンドンオリンピック開催に合わせて内外装をリニューアルしたMINIロケットマンコンセプト ロンドンオリンピック開催に合わせて内外装をリニューアルしたMINIロケットマンコンセプト ロンドンオリンピック開催に合わせて内外装をリニューアルしたMINIロケットマンコンセプト ロンドンオリンピック開催に合わせて内外装をリニューアルしたMINIロケットマンコンセプト