LIXIL 太陽光発電システム「ソーラーベース 折板タイプ」

LIXILは、主に工場や倉庫などの小型産業建築物や、アパートや商業店舗などの屋根材として使われている金属折板屋根に最適な太陽光発電システム「ソーラーベース 折板タイプ」を7月1日から発売する。

7月からの再生可能エネルギー全量買い取り制度の開始を受け、工場やコンビニ、商業施設などの屋根や店舗の敷地に太陽光発電システムを設けるなど、発電事業に参入する企業が増えている。新製品は、こうした産業用、商業用建物の多くで採用されている金属折板屋根「重ね式」「ハゼ式」への取り付けに対応する。

素材には、耐食・耐久性に優れたアルミ材を使用し、メンテナンス費用の軽減に貢献。また、重量は同仕様のスチール製架台と比べ約3分の1で、建物への負担も少ない。

ハゼ式のソーラーパネル取り付け方法は、「横置き型」「縦置き型」「直付け型」から選択可能。「横置き型」と「縦置き型」は、形材を使用して、効率よくソーラーパネルを設置することができる。「直付け型」はソーラーパネルごとに金具で固定するため、軽量化を図ることができる。

価格はソーラーパネル12枚、接続箱、パワーコンディショナ、架台のセットで173万7900円から。