ルイス・ハミルトン(2012年カナダGP)

ルイス・ハミルトン(マクラーレン)はカナダGPの優勝でドライバーズタイトル争いのトップに浮上した。2位アロンソとの差は2点、ベッテルに対しては3点という僅差だ。

シーズン開幕以来優勝者のリストはすでに7人が名前を連ねてはいるが、実質的なタイトル争いは現在のトップ3の間で繰り広げられるというのがハミルトンの意見だ。

「セバスチャンは昨年のチャンピオンだ。今年のマシンも恐るべき出来だから彼をやっつけるのはシーズンエンドまで大変な苦労をするだろう。フェルナンドとフェラーリも急激にペースを増している。フェラーリはバルセロナにアップデートを持ち込んで、カナダGPではうちのエキゾーストのコピーを持ち込んできた。物凄い勢いで追い上げてきているのは間違いないよ」

「チームには難解なタイヤの解明と継続的なアップデートを期待したい。僕らドライバーの責任としては、パフォーマンスの維持が今シーズンの勝敗を分けることになるだろうね」

ルイス・ハミルトン(2012年カナダGP) アロンソ(フェラーリ)参考画像 フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)(参考画像) ベッテル(レッドブル)(参考画像) セバスチャン・ベッテル/レッドブル(F1 モナコGP 2012)