三菱重工、ブラジルでバイオマス焚きボイラーを受注

三菱重工業は、ブラジル子会社のCBC重工業が同国最大のパルプメーカーであるスザーノから大容量・高性能のバイオマス焚きボイラーをターンキー契約で受注したと発表した。

スザーノが所有する最大規模の工場であるムクリ工場向けで、パルプ生産に必要な電力、熱を供給する。納入は2014年初めの予定。

受注したボイラーはバイオマス専焼最大蒸発量時間当たり120トン(定格)。CBC独自の流動床技術を採用しているのが特徴で、パルプ用木材に付随して発生する間伐材や木皮、廃材などのバイオマス燃料(木質燃料)を高効率で燃焼する。

今回、ボイラー本体、燃焼装置や電気集塵機などの周辺機器も供給するほか、輸送、指導員派遣、試運転なども担当する。

ブラジルは、ロシアに次ぐ世界2位の面積を持つ森林大国。豊かな気候条件の下、高い森林生産率で、紙の原料となるパルプの一大生産地となっている。

CBCは、サンパウロ州ジュンジアイ市に本社を置く同国最大のボイラーメーカー。1957年からバイオマス焚きボイラーを製作・供給し、製作累計は今回のスザーノ向けで101缶に達する。ここ数年も、最大時間当たり150トンに達する多数の大容量・高性能バイオマスボイラーをパルプ業界、石油化学業界などへ連続して納入している。ブラジル市場での信頼度は高く、今回の受注はこれらの実績が高く評価されたことによる。