シボレー・ボルト

英国のUKIPメディア&イベント社は13日、「グリーンエンジンオブザイヤー2012」を発表した。GMのプラグインハイブリッド車、シボレー『ボルト』とその兄弟車、オペル『アンペラ』が、初めて選ばれている。

エンジンオブザイヤーはクルマの心臓部、エンジンに着目して優れたエンジンを選出するもので、今年が14回目。5月時点で少なくとも世界1か国以上で販売されている乗用車のエンジンを対象に、世界35か国76名のジャーナリストが投票を実施。グリーンエンジンオブザイヤーでは、環境性能に重点を置いて選考が行われた。

グリーンエンジンオブザイヤー2012の結果は以下の通り。

1:GMの1.4リットル直4ターボ+モーター(197点)…シボレーボルト/オペルアンペラ
2:フォードの1.0リットル直3ターボ「エコブースト」(159点)…フォーカス
3:日産のEVパワートレーン(145点)…リーフ
4:トヨタの1.8リットル直4+モーター(133点)…プリウスとオーリスHSDなど
5:フィアットの875cc 2気筒ターボ「ツインエア」(128点)…フィアット500など
6:PSAの2.0直4ディーゼル+モーター(105点)…プジョー3008など

GMのシボレー ボルト/オペル アンペラ用の1.4リットル直4ターボ+モーターが初の栄冠。ボルトとアンペラは、蓄電容量16.5kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。最大61kmをゼロエミッション走行する。バッテリー残量が少なくなると、1.4リットル直4ターボエンジンが始動。バッテリーを充電すると同時に、ジェネレーターを回してモーターに電力を供給する。これにより、最大612kmの走行が可能。

ある審査員は、ボルトとアンペラについて、「最もインテリジェントで革新的なパワートレーンのひとつ。EVのように航続距離を気にしないで済む」とコメントする。

一方、日産『リーフ』のEVパワートレーンは、前回と同じ3位。前回2位だったトヨタ『プリウス』のハイブリッドシステムは、今回は4位へ後退している。

シボレー・ボルト シボレー・ボルト オペル・アンペラ オペル・アンペラ トヨタ・プリウス 日産リーフ フォードモーターの直噴3気筒ガソリンターボ、1.0エコブースト オーリスHSD(ハイブリッド) フィアット500ツインエア