GMがインドネシアで生産する新型MPV、シボレー スピンの予告画像

GMは12日、シボレーブランドの新型MPV、『スピン』(SPIN)を2013年初頭から、インドネシアで生産すると発表した。

スピンは3列シート、7名乗りのコンパクトMPV。2列シートの5名乗り仕様も用意される。インドネシアなど、新興国を中心に販売されるため、価格は抑えめ。それでいて、GMによると、クラス唯一の6速ATが設定されるという。

スピンは、インドネシア西ジャワ州北西部のブカシに建設中の新工場で、2013年初頭から生産。GMは工場建設に1億5000万ドル(約120億円)を投資する。年産能力は4万台で、インドネシアをはじめ、ASEAN主要国への出荷を計画。また新工場は、800名以上の雇用を創出する。

GMは2000年代の半ば、ジャカルタ郊外の工場を閉鎖し、インドネシアの現地生産から撤退。今回、再びインドネシアでの生産に乗り出すことになった。

なおGMは、スピンのティーザー画像を1点、公開している。