サーブ9-5(参考画像)

2011年12月、破産を申請したスウェーデンの自動車メーカー、サーブオートモビル(以下、サーブ)。13日、同社の買収先が正式に決定した。

これは13日、ナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン社が発表したもの。同社は元ボルボ(商用車)のCEO、Karl-Erling Trogen氏が立ち上げたEVベンチャーで、中国(香港)の代替エネルギー会社と日本の投資会社が出資して、5月に設立されたばかりだ。

同社の発表によると、サーブの管財人とナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン社との間で、サーブ本体とその子会社、サーブオートモビルパワートレーン、サーブオートモビルツールズの買収契約が成立。買収金額など、詳細な契約内容は公表されていない。

サーブに関しては、中国企業のヤングマン(浙江青年蓮花汽車集団)とパンダオートモビルトレード(厖大汽貿集団)の2社が、2011年10月にサーブを買収することで合意。しかしサーブの元親会社、GMがサーブの中国企業による買収に難色を示したため、この買収話は破談し、サーブは経営破綻した。これは、サーブ車に採用されているGMの技術が、中国企業に流出するのを懸念したのが理由だ。