雲ごしではあるが、金環食の状態がはっきりと分かる《撮影 冨岡晶》

インターネットコムとgooリサーチは「金環日食の観察」に関する調査を行い、その結果を発表した。

調査対象は、全国10代から60代以上のインターネットユーザー1070人。

5月21日に金環日食を観察したという回答者は、77.0%で824人。そのうちの83.0%が「自宅」から金環日食を見たと回答した。どのように観察したかとの質問には、40.3%が「日食メガネを着用して見た」と回答。次いで「テレビ中継で見た」が34.5%、「道具を使わずに直接見た」という危険な観察を試みた人が14.7%もいた。

金環日食をカメラで撮影したかとの質問では、「撮影していない」が80.8%で大半を占め、「撮影した」と回答した人は19.2%にとどまった。

さらに、金環日食を観察したという男性の回答者391人に対し、「金環日食の観察中に恋人(または妻など)にプロポーズしたか」と質問。金環日食時の太陽が、光り輝く指輪に見えることを踏まえての質問だが、2人が「プロポーズしている」ことが判明した。

年齢問わずおよそ200人に1人の男性が、金環日食時の太陽を(結婚?)指輪に見立ててプロポーズしていたと考えられる。まるでドラマのような話だが、案外ロマンチストは多いのかもしれない。

金環日食をどのように観察しましたか? 金環日食(国立天文台)スクリーンショット 金環食の状態《撮影 冨岡晶》 たくさんの人たちが、日食の観察を楽しんでいた