7月3日より就航を開始するジェットスター・ジャパンは、機内および機内サービスを報道関係者に公開した。

公開したのは、国内6路線を運航するA320型新造機。シートピッチは71cm以上で、総皮張りシート180席を用意。足もとの広いエクストラ・レッグルーム・シートをオプションとして購入することも可能としている。

また、機内食は日本人の好みに合わせた17種類の飲み物、10種類のフードメニュー、スナック8種類を用意。利用客は、好みに合った商品を自由に購入でき、空の旅を楽しむことができる。

鈴木みゆき代表取締役社長は「ジェットスターでは、受託手荷物や足もとの広いシート、機内食など、必ずしも必要としないサービスを有料化することで、すべての利用客に低運賃で空の旅を楽しんでもらうことができます」とコメントした。