ジオ技術研究所、3D&バーチャルリアリティ展へ出展

ゼンリングループのジオ技術研究所は2012年6月20日から22日に東京ビッグサイトにて開催される「第20回3D&バーチャルリアリティ展」に出展する。

ジオ技術研究所は、高精細な3次元デジタル地図の研究開発、製造を行い、カーナビゲーションや歩行者ナビゲーションなど様々な分野での採用実績がある。

今回の展示会では、ジオ技術研究所は新コンテンツを主としたソリューションの展示を行う。特に、新コンテンツは立体視コンテンツ、ARコンテンツを参考出展し、3次元デジタル地図の新たな活用方法をジオ技研では提案する。また、来客者が端末(PC、Android、iPadなど)で見て触れるコーナーも用意される。

立体視コンテンツは、2011年に発表したPegasus eye Mapをベースに立体視用の地図コンテンツとして開発したもの。3次元地図と立体視可能なハードウェアとの組み合わせにより。新感覚の地図表現を実現した。

ARコンテンツは、ゼンリンが持っている地図情報をジオ技術研究所の3次元デジタル地図を利用して最適化を行い、現実と情報をより特定しやすくしたもの。従来のARコンテンツのものよりも使いやすく進化したとジオ技術研究所では説明している。