川崎重工 海上プラットフォーム向けガスタービン発電設備(イメージ)

川崎重工は12日、米国カワサキ・ガスタービン・アメリカズ社(KGT-A)を通じて、ベネズエラの海上に建設される天然ガスプラットフォーム向け1.5MWガスタービン発電設備3台を、テクニップUSA社より受注したと発表した。

海外における海上プラットフォーム向けガスタービン発電設備としては初受注で、2013年夏頃にテクニップUSA社へ納入する。

今回受注した設備は、自社開発のカワサキガスタービン「M1A-13A」を搭載する、天然ガスおよび軽油のデュアル燃料焚きが可能なガスタービン発電設備「GPB15」3台。同社が「M1A-13A」を製造し、KGT-Aが発電設備の組立を担当する。

同設備は、ベネズエラの国営石油会社、ペトロレオス・デ・ベネズエラが進めているスクレ州パリア半島の沖合約40km、水深100mから130mに広がる マリスカル・スクレ・ドラゴン・アンド・パタオガス油田の開発に伴う、海上天然ガス圧送設備の主電源装置として設置される。