VIP専用サロンF1パドック・クラブ(参考画像)

JTB首都圏の高品質旅行専門店「JTBロイヤルロード銀座」は、6月12日からフォーミュラ1(F1)パドック・クラブの取扱いを開始すると発表した。

JTBロイヤルロード銀座は、モータースポーツ企画運営会社アッカエンタープライズとの業務委託契約を締結し、日本で初めて「F1パドッククラブ」の公認販売代理店に認可され、取扱いが可能となった。

F1パドッククラブは、F1レース会場に特別に設けられるVIP用のサロンで、チーム関係者、スポンサーなど、限定された関係機関が、顧客やVIPを招待する場として利用される。

パドッククラブのチケット保有者は、ピットの上にあるVIP専用のサロンで、シャンパンやフルコースの食事を楽しみながら、レースを観戦できる。サロンの外の特別観戦席からは、レース中のタイヤ交換や給油など、ピット作業の様子を間近に見ることができる。

また、ピットレーンウォークでは、通常はチーム関係者以外立ち入れないピットレーン周辺で、F1マシーンを間近に見たり、ピットでレースの準備を進めるチームやドライバーの作業風景を目の前で見学できる。

同社では、F1パドッククラブを含むF1グランプリ観戦を、希望の日程・内容に合わせたオーダーメイド型の旅行として手配する。

初年度となる2012年度の販売目標は15件、8000万円の取扱いを目指す。

JTBロイヤルロード銀座