新型日産アルティマ(ニューヨークモーターショー12)

日産自動車の米国における主力車種、『アルティマ』。まもなく発売される新型アルティマの燃費性能が明らかになった。

これは7日、日産自動車の米国法人、北米日産が公表したもの。2.5リットル直列4気筒の「QR25」(最大出力182ps)と、3.5リットルV型6気筒の「VQ35DE」(最大出力270ps)のガソリン2機種を搭載する新型アルティマについて、米国EPA(環境保護局)燃費が判明した。

注目すべきは、2.5リットルのEPA燃費。市街地が11.48km/リットル、高速が16.16km/リットル、複合モードが13.18km/リットルと認定された。北米日産によると、ガソリンエンジンを積むミッドサイズカーでは、米国で最も燃費性能に優れるという。

北米日産は、新型アルティマが燃料満タンで、最大1100km走行できると試算。日産アメリカのビル・クレイガー副会長は、「新型アルティマがミッドサイズ車の市場を変える。販売開始が待ち遠しい」とコメントしている。

新型日産アルティマ(ニューヨークモーターショー12) 日産アルティマ新型 テネシー州に続いてミシシッピ州の工場でも生産が開始された新型日産アルティマ 日産アルティマ 新型日産アルティマ(ニューヨークモーターショー12)