4号機原子炉建屋《2012年5月26日、東京電力撮影》

東京電力は11日、自主的避難などに係る損害賠償について、対象区域外である福島県県南地域の取り扱いを開始すると発表した。

対象者は、事故発生時に福島県県南地域(白河市、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町、棚倉町、矢祭町、塙町、鮫川村)に住居がある18歳以下または妊婦。

対象となる損害は、自主的避難によって生じた生活費の増加費用や精神的苦痛、避難および帰宅に要した移動費用のほか、滞在を続けた人の精神的苦痛や生活費の増加分した分があれば、その増加費用にも適用される。

対象期間は2011年3月11日から12月31日で、賠償金額は1人あたり20万円。

4号機原子炉建屋《2012年5月26日、東京電力撮影》 4号機原子炉建屋《2012年5月26日、東京電力撮影》 4号機原子炉建屋横(セメントサイロ)《2012年5月26日、東京電力撮影》 4号機原子炉建屋《2012年5月26日、東京電力撮影》 4号機原子炉建屋《2012年5月26日、東京電力撮影》 4号機原子炉建屋《2012年5月26日、東京電力撮影》 4号機原子炉建屋での視察の様子《2012年5月26日、東京電力撮影》 4号機原子炉建屋での視察の様子《2012年5月26日、東京電力撮影》