BMW328i モダン《撮影 青山尚暉》

6代目となるBMW『3シリーズ』は「駆け抜ける歓び」と環境性能を両立した新型だ。

今回試乗したのは328i「モダン」だが、エンジンは2.8リットルのストレート6ではなく、2リットルの直噴直4ターボだ。ここでガッカリすることはない。このエンジン、1250回転から最大トルクを発揮する扱いやすさもさることながら、実にBMWらしい鼓動、エンジンフィール、気持ち良さを伝えてくれるユニットなのだから。BMW=6気筒という常識はここにきて過去のものになりそうだ。それでいてJC08モード燃費は15.2km/リットルと優秀だ。高速70%、市街地30%走行の実燃費は12.4km/リットルだった。

エコ性能に関しては、アイドリングストップ機構(ON/OFF時のステアリングのショックがちょっと気になる)、およびドライビングパフォーマンスコントロールが後押しする。ドライビングパフォーマンスコントロールはコンフォート、スポーツ、エコプロが選択でき、エコプロモードではエンジン、AT、エアコンなどをエコにコントロールし、そのおかげで何km余計に走れるかの数値をディスプレイに示してくれる。

しかも245ps、35.7kg-mもあるパワースペック、トルキーなエンジン特性と相性抜群の8ATとの組み合わせだからエコプロモードでもこれで十分!と言えるパフォーマンスを発揮してくれるから頼もしい。

例によってランフラットの18インチタイヤを装着する「モダン」グレードの乗り心地は良路、高速域では上質で滑らかな乗り味を示す。が、低速域は褒められない。荒れた路面や段差越えで想定外のショックと音を伴うことがあるからだ。また、高速コーナリング中の前輪の接地感、インフォメーションももっと欲しいと思えた。エンジン、BMWらしいリニアな操縦性、低重心感覚が素晴らしいだけに惜しまれる部分だ。

機会があれば、328iの17インチタイヤ装着車、320iの16/17インチタイヤ装着車の乗り心地についてリポートしたい。

そうそう、3シリーズのペットフレンドリー度だが、セダンゆえ犬を乗せるのは後席に限られるが、シート位置がごく低く、間口が広いため、犬が自身で乗降するのはきわめて容易。後席エアコン吹き出し口もあるから暑い日でも快適だろう。もちろん、今後追加されるはずのワゴンがベターであることは言うまでもない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★
ペットフレンドリー度:★★

青山尚暉|モータージャーナリスト/ドックライフジャーナリスト
自動車雑誌編集者を経て、フリーのモータージャーナリストに。自動車専門誌をはじめ、一般誌、ウェブサイト等に執筆。ペット(犬)、海外旅行関連の書籍、ウェブサイト、ペットとドライブ関連のテレビ番組、イベントも手がける。

車幅は日本仕様のみ1800?におさめられている。《撮影 青山尚暉》 【BMW 3シリーズ 試乗】エンジンは素晴らしい、18インチタイヤとの相性は…青山尚暉《撮影 青山尚暉》 FRらしいロングノーズが特徴的。《撮影 青山尚暉》 【BMW 3シリーズ 試乗】エンジンは素晴らしい、18インチタイヤとの相性は…青山尚暉《撮影 青山尚暉》 【BMW 3シリーズ 試乗】エンジンは素晴らしい、18インチタイヤとの相性は…青山尚暉《撮影 青山尚暉》 ホイールハウスにはプロテクターが備わる。《撮影 青山尚暉》 モダンのインテリア。《撮影 青山尚暉》 【BMW 3シリーズ 試乗】エンジンは素晴らしい、18インチタイヤとの相性は…青山尚暉《撮影 青山尚暉》 後席膝回り空間も広がった。身長172?のドライバー基準で足がゆったり組める220?もある。《撮影 青山尚暉》 スタータースイッチの上はアイドリングストップのOFFスイッチ。《撮影 青山尚暉》 ドライビングパフォーマンスコントローラー。《撮影 青山尚暉》 ナビのコントローラー。《撮影 青山尚暉》 後席エアコン吹き出し口。《撮影 青山尚暉》 プロエコモード時のディスプレイ。《撮影 青山尚暉》 コンフォート/スポーツモード時のディスプレイ。《撮影 青山尚暉》 トランクスペースも広がった。《撮影 青山尚暉》 床下収納《撮影 青山尚暉》