9日午後2時ごろ、佐賀県神埼市内の市道で、道路左側の路肩を縦列走行していた自転車同士が接触。後方の自転車が転倒し、乗っていた10歳の女児が路上へ投げ出される事故が起きた。女児は頭部を強打し、意識不明の重体となっている。

佐賀県警・神埼署によると、現場は神埼市神埼町付近。10歳の女児は同じ小学校に通う友人3人と一緒に自転車で道路左側の路肩を走行していたが、女児の乗った自転車の前輪が、前を走る友人の乗った自転車の後輪に接触。その弾みで転倒した。

女児は路上へ投げ出された際に頭部を強打。ドクターヘリで佐賀市内の病院へ搬送されたが、意識不明の重体となっている。被接触側の自転車に乗っていた児童にケガはなかった。

警察では前走する自転車に接近しすぎたものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。