テネシー州に続いてミシシッピ州の工場でも生産が開始された新型日産アルティマ

日産自動車の北米法人、北米日産は6日、米国ミシシッピ州のキャントン工場において、新型『アルティマ』の生産を開始したと発表した。

新型アルティマは5月、テネシー州のスマーナ工場でラインオフ。今回のキャントン工場はこれに続くもので、2拠点での生産により、新型『アルティマ』のフル生産体制が整った。

キャントン工場は2003年に稼働。アルティマの他に、フルサイズSUVの『アルマーダ』、フルサイズピックアップトラックの『タイタン』を生産している。年内には、小型ピックアップトラックの『フロンティア』と、そのSUV版の『エクステラ』も生産車種に加わる。

キャントン工場での新型アルティマのラインオフ式典には、日産アメリカのビル・クレイガー副会長が出席。「キャントン工場の生産品質はトップレベル。従業員の熟練された技が、新型の生産に反映されるだろう」と述べた。

アルティマは、日産の米国における最量販モデル。新型は2012年4月、ニューヨークモーターショー12でデビューした。5代目にあたる新型は、米国のミッドサイズセダンで最もスタイリッシュ、低燃費、高性能、先進的であることを目標に開発。先代モデルは2011年、米国で前年比17.3%増の26万8981台を販売し、トヨタ『カムリ』の30万8510台に次ぐ乗用車ベストセラーとなった。