アルファロメオ・ジュリエッタ《撮影 松下宏》

中部経済新聞社は、6月16、17日の両日、ミニモーターショー「輸入車 Showroom in オアシス21」を名古屋市の中心部にある繁華街、栄で開催する。

会場となるオアシス21は宇宙船のような大屋根を持つ公園施設で、バスターミナルが併設されている。この施設の「銀河の広場」では様々なイベントが行われるが、今回初めてクルマのイベントが開催されることとなった。

オアシス21は若者やファミリーが多く集まる施設ということで、今回は輸入車、特におしゃれなコンパクトカーを9ブランド22台集めた。中部地区は輸入車が人気のエリアだが、それでもトヨタ車などと比べればまだ実車を見る機会は多くないため、こうしたショーでクルマに触れてもらい、潜在的な顧客の開拓につなげようというものだ。

出展ブランドはアウディ、アルファロメオ、シトロエン、シボレー、フィアット、プジョー、ボルボ、ミニ、ルノーで、車種はアルファロメオ『ジュリエッタ』やアウディ『A1スポーツバック』、ルノー『ウインド』など全車2000cc以下となっている。子供向けにトミカのコーナーも用意され入場無料。後援は日本自動車輸入組合。

アウディA1スポーツバック《撮影 太宰吉崇》 名古屋市のランドマーク、テレビ塔とオアシス21《撮影 大野雅人》