ルイス・ハミルトン(2012年カナダGP)

ルイス・ハミルトン(マクラーレン)がついに2012年初めての勝利を掴んだ。ハミルトンのカナダGP優勝は通算3度目、1ストップで粘ったフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)を追い上げ終盤にオーバーテイクした末の勝利だ。

また、2012年シーズン開幕から数えて7戦で、全て異なる7人目の勝者が誕生したことになり、F1新記録がひとつ延びた。

ハミルトンの両脇には、ロータスのロマン・グロージャン、そしてザウバーのセルジオ・ペレスがそれぞれキャリア2度目のポディウムに立った。一時はトップを走ったフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)だったが、レース終盤に急激にペースを落としたため、最終的なポジションを5位に落としている。

ポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)は、第一スティントではハミルトンとアロンソを従えていたが、フィニッシュ順位は4位にとどまった。前半の上位3人中、ベッテルは真っ先にタイヤ交換に入ったが、ここでハミルトンとアロンソに逆転を許す。

ハミルトンが49周目に2度目のタイヤ交換を行ったのに対し、アロンソ、ベッテルは1ストップで続行したが結果はハミルトンが終盤のペースを活かして両者をパスした。ベッテルはこの時点で1ストップ戦略を放棄して遅めのタイヤ交換を行い、アロンソは1ストップ作戦の継続で2位確保に賭けたが、後続に次々と抜かれて5位フィニッシュに甘んじる結果となった。

グロージャンは、アロンソより2周遅れてのタイヤ交換だったが終盤に2位を奪い取った。ペレスは41周目まで引き伸ばした1ストップからアロンソをパス。ベッテルも終盤のタイヤ交換以降の追い上げでアロンソを仕留めた。

以下は、ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)とマーク・ウェーバー(レッドブル)が2ストップから6位と7位を占め、キミ・ライコネン(ロータス)が8位、小林可夢偉(ザウバー)は9位でフィニッシュした。5番手走行中のスピンでポジションを12位まで下げたフェリペ・マッサ(フェラーリ)は2ストップから最後は10位で1ポイントを手にしている。

予選のタイヤ戦略から狂いを見せていたジェンソン・バトン(マクラーレン)は、レースで3度のタイヤストップを余儀なくされ、結果は周回遅れの16位。ミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)は、リヤウイングのDRSフラップが開いたまま固着したため、リタイアしている。


1: ハミルトン(マクラーレン) 1;32'29.586
2: グロージャン(ロータス) +2.513
3: ペレス(ザウバー) +5.260
4: ベッテル(レッドブル) +7.295
5: アロンソ(フェラーリ) +13.411
6: ロズベルグ(メルセデスAMG) +13.842
7: ウェーバー(レッドブル) +15.085
8: ライコネン(ロータス) +15.567
9: 小林(ザウバー) +24.432
10: マッサ(フェラーリ) +25.272

11: ディレスタ(フォースインディア) +37.693
12: ヒュルケンベルク(フォースインディア) +46.236
13: マルドナド(ウィリアムズ) +47.052
14: リチャルド(トーロロッソ) +1'04.475
15: ベルニュ(トーロロッソ)+1 lap
16: バトン(マクラーレン) +1 lap
17: セナ(ウィリアムズ) +1 lap
18: コバライネン(ケータハム) +1 lap
19: ペトロフ(ケータハム) +1 lap
20: ピック(マルシャ) +2 lap

ファステストラップ: ベッテル 1'15.752

リタイア
グロック(マルシャ) 57
シューマッハ(メルセデスAMG) 34
デラロサ(HRT) 25
カーティケヤン(HRT) 23

ルイス・ハミルトン(2012年カナダGP) ルイス・ハミルトン(2012年カナダGP) ルイス・ハミルトン(2012年カナダGP) ルイス・ハミルトン(2012年カナダGP) ルイス・ハミルトン(2012年カナダGP)