初号機到着。機長をハグで迎えた岩片和行エアアジア・ジャパン社長(11日・成田国際空港)《撮影 中島みなみ》

エアアジア・ジャパンの日本初めての航空機が、成田国際空港に到着した。同社は01年の創立以来累計1億4000万人の乗客数を誇るアジア最大のLCC(格安航空)。

日本初となる新造機は、フランス・トゥルーズを8日(現地時間)に出発、トルコ、インドなどを経由して11日9時43分に成田国際空港に到着した。

タラップでラジェシュ・シン・ギル(Rajesh Shigh Gill)機長ら乗務員と技術スタッフを出迎えた岩片和行社長は、握手の後、しっかりと抱擁。初号機到着の歓びを表した。

同社が日本就航で導入した新造機は『エアバスA320』。LCCらしく全席エコノミー・クラスの180席で2機を用意。8月1日から国内定期路線を就航する。成田国際空港から札幌、福岡、沖縄路線の運航を開始する。

A320は1988年から全世界で運航されるスタンダード機。エアアジアグループは150路線、106機をASEAN諸国を中心に世界で運航するが、エアアジア・ジャパンでも統一モデルを採用し、品質管理の向上とメンテナンスコストの圧縮を目指している。

岩佐社長は、午後から会見。新造機の内部を公開する。

日本到着となるエアアジア・ジャパンの新造機。機体はエアバスA320(11日・成田国際空港)《撮影 中島みなみ》 ゲートに向かうエアアジア・ジャパンの機体は、歓迎のウォーターサリュート(消防車の放水)の水煙に曇った(11日・成田国際空港)《撮影 中島みなみ》