アストンマーチン V8ヴァンテージ《撮影 内田俊一》

アストンマーチン・アジア・パシフィックは10日、『V8ヴァンテ―ジ』の改良モデルを一部報道陣に公開した。

アストンマーチン・アジア・パシフィックの寺嶋正一オペレーション・マネージャーは今回の改良点について、「V8ヴァンテ―ジはマニュアルトランスミッションとスポーツシフトの2つのトランスミッションが選べますが、そのスポーツシフトを6速から7速へと改良しました。これにより、各ギア比の間隔が狭くなり、応答が非常にスムーズになりました」という。

またパフォーマンスの向上に伴い、フロントブレーキローターの径が拡大。さらに、より高速安定感を高めるため、タイヤおよびホイールサイズアップがなされた。

そして、「V8ヴァンテージを乗るうえでよりスポーティなドライビングを楽しみたいというユーザーに応えるため、スポーツサスペンションをオプションで用意しました」。

外観は、「フロントのリップと、リアディフューザーがグラファイトカラーに変更された他、サイドシルは、かつてV8ヴァンテ―ジの限定車にあった『N400』のスポーティなサイドシルを採用し、アグレッシブなデザインに仕上げています」とする。

価格は値下げされ、マニュアルでは1477万3500円(旧1567万4400円)、スポーツシフトは1533万円(旧1623万900円)となった。

アストンマーチン V8ヴァンテージ《撮影 内田俊一》 アストンマーチン V8ヴァンテージ《撮影 内田俊一》 アストンマーチン V8ヴァンテージ《撮影 内田俊一》 アストンマーチン V8ヴァンテージ《撮影 内田俊一》 アストンマーチン V8ヴァンテージ《撮影 内田俊一》 アストンマーチン V8ヴァンテージ《撮影 内田俊一》 アストンマーチン V8ヴァンテージ《撮影 内田俊一》 アストンマーチン V8ヴァンテージ《撮影 内田俊一》 アストンマーチン V8ヴァンテージ《撮影 内田俊一》 アストンマーチン V8ヴァンテージ《撮影 内田俊一》 アストンマーチン V8ヴァンテージ《撮影 内田俊一》