ベッテル(レッドブル)(参考画像)

セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)を制して今年2度目となるポールポジションを手に入れた。

2位とのタイム差は0.3秒で、これはQ1時点で17台が0.8秒内、Q2でも全車が1秒内に詰まっていたこととは逆に、意外なまでに大きいギャップだと言える。

ベッテルがQ3において1'13.784で2位以下を圧倒したのは、セッション後半の2回目のランだった。マクラーレンのルイス・ハミルトンは、Q3に入って2度目のトライでフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)を上回り、最前列でベッテルと並ぶ。アロンソはベストランを披露しながら走り最終セクターまではポールポジションを奪うかに見えたが、最後でバランスを崩して結果は3番手スタートとなった。

ザウバーの小林は、Q3進出タイムまで0.008秒差の11位という結果だった。

1: ベッテル(レッドブル)1'13.784
2: ハミルトン(マクラーレン) 1'14.087
3: アロンソ(フェラーリ) 1'14.151
4: ウェーバー(レッドブル)1'14.346
5: ロズベルグ(メルセデスAMG)1'14.411
6: マッサ(フェラーリ) 1'14.465
7: グロージャン(ロータス) 1'14.645
8: ディレスタ(フォースインディア) 1'14.705
9: シューマッハ(メルセデスAMG) 1'14.812
10: バトン(マクラーレン)1'15.182

Q2落ち
11: 小林(ザウバー) 1'14'688
12: ライコネン(ロータス) 1'14.734
13: ヒュルケンベルク(フォースインディア) 1'14.748
14: リチャルド(トーロロッソ) 1'15.078
15: ペレス(ザウバー) 1'15.156
16: セナ(ウィリアムズ)1'15.170
17: マルドナド(ウィリアムズ) 1'15.231

Q1落ち
18: コバライネン(ケータハム)1'16.263
19: ペトロフ(ケータハム)1'16.482
20: ベルニュ(トーロロッソ) 1'16.602
21: デラロサ(HRT) 1'17.492
22: グロック(マルシャ) 1'17.901
23: ピック(マルシャ) 1'18.255
24: カーティケヤン(HRT) 1'18.330

107% time: 1'19.887

セバスチャン・ベッテル/レッドブル(F1 モナコGP 2012)