約28億円で米国のコレクターが購入した1962年式フェラーリ250GTO

イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリ。高値で取引されることで有名な同社のクラシックカーがこのほど、世界で最も高価な自動車になったことが分かった。

このフェラーリは、1962年式の『250GTO』。1962‐1963年、わずか36台のみが生産されたフェラーリの名車中の名車といわれるモデルだ。3.0リットルV型12気筒ガソリンエンジンは、最大出力302psを発生し、最高速280km/hを誇った。

250GTOは、FIA GT世界選手権で1962 - 64年、3年連続優勝を収め、1963年のルマン24時間耐久レースでは、総合2位に入賞。このモータースポーツでの栄光が、250GTOの名車としての価値を高めている。

今回、世界で最も高価な自動車となった250GTOは、36台の中で、往年のレーシングドライバー、スターリング・モス氏のために製作された1台。ボディカラーが淡いグリーンで塗装されているのが特徴だ。

この250GTOを、米国のコレクター、Craig McCaw氏が3500万ドル(約27億8000万円)で購入。同氏は1993年、米国の大手通信会社、AT&Tを売却し、多額の富を手にした人物として知られる。