7日午後0時30分ごろ、千葉県市原市内の県道で、緊急走行中のパトカーと軽乗用車が出会い頭に衝突する事故が起きた。双方の車両が中破。軽乗用車を運転していた32歳の女性が骨折などの重傷を負っている。

千葉県警・市原署によると、現場は市原市町田付近で片側1車線の直線区間。交差点には信号機が設置されている。パトカーはトラブル発生の一報を受け、現場に向かって緊急走行中。赤信号で交差点に進入し、右折しようとしたところ、右方向から交差進行してきた軽乗用車と出会い頭に衝突したものとみられている。

双方の車両は中破。軽乗用車を運転していた同市内に在住する32歳の女性が右手小指などを骨折する重傷。パトカーを運転していた24歳の男性巡査にケガはなかった。

パトカーは緊急走行中の場合も交差点を右折する場合は一時停止して安全を確認するが、巡査はこれを怠り、一気に右折したものとみられる。女性も「衝突直前までパトカーには気がつかなかった」などと話しており、警察では巡査側の安全確認に怠りのあった可能性が高いとして、自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。